台東区浅草より。不動産・イベントのリアルシーズ。

わたしたちについて お問い合わせ

03-5808-7420
営業時間:09:00~18:00(水曜定休日)

浅草の社長ブログ

社会科見学に行ってきました(^▽^)/

2018/03/16

こんにちは!

#浅草 の #不動産 会社『#リアルシーズ株式会社』の森元です。

決算も無事に終わり、新生活シーズンに向けての賃貸の繁忙期も落ち着いた今、私は「近くて遠いものがありすぎるなぁ~!?」と日々思っていまして・・・。

何かに取り組めないものかと模索中!!

この時期は何かにトライする人も多いようで、専務も「漢字検定」に取り組んでおります。(すでに飽きているようにも見えますが・・・)

トライしている一つが「ボルタリング」であります。

このスポーツがあることは勿論、知ってはいましたが「やってみたい」という気にはなりませんでした。なので、東京オリンピックの新種目に採用されたことすら知らなかったです笑

奥深いスポーツに専務を巻き込み現在トライ中!(あと何回続くかはわかりません)

そして、先日は新宿にあります「ゴールデン街」を散策してきました。

私が歌舞伎町で遊んでいたのは25年も前になります。「ゼブラ」というホールが私の遊び場だったのですが、周辺は綺麗に整備され当時の面影すらありません。その当時、おじ様たちが遊ぶといわれたゴールデン街も通るだけ。理由は明確!小さい、汚い、しょっぱい場所と毛嫌いしていたので何年経っても近寄りもしませんでした。

しかし、最近の雑誌には「浅草」をしのぐ勢いで欧米人が観光地として注目していると言います。

「本当なのか!?」

自分の目で確かめようと「ゴールデン街」に行ってみました。

当時の印象しかなく、信じ難い私は街を歩くだけではなく、実際に何件か「はしご酒」をしながら「文化」も一緒に学んできました(笑)

IMG_3774-1.jpg

この年齢になったからなのか?(雰囲気は確かに良いよね!!)

ただ、飲むシステムがわからないのは同じで「ぼったくり」なんかもあるのでは?と、不安になる人も多いはず。

スナックのように中が見えない店も多く、扉を開ける勇気も普通の人にはないと思います。

charge料金(0円から1000円が多い)

文化の違いから外国人はcharge料を嫌う。そのために明朗会計にする店も多かったです。

税金も取らないようにし、ワンドリンク〇円という具合にし安心して飲めるよう観光客を呼び込む。

この手の店は、狭い(席は10もない)店内を常に満席にしていました。

一方でchargeを取る店には若い女の子を配置させ?、日本人のサラリーマンが客としていました。

年配の方は、落ち着いた雰囲気の店を好んで飲んでいます。

各自が楽しめる場所を求めて集まる場所に、レトロな雰囲気がインスタ映えを誘うのか!?

確かに人が人を呼び込む飲み屋街に変貌していました。(検証終了w)

浅草の街も変化を求められている。

人力車のお兄さんのように前向きに英語力を高めるのも一つだが、雇用促進から始めていく方がより街を活性化させるような気がします。

これからも社会科見学は続けていきたいと思います。

-----------------------------------------

足立区保塚町に2棟の新築分譲戸建てが絶賛発売中です。

建築に入る前なのでイメージがわきにくいと思いますが、

近くに同仕様の完成物件もありますのでご案内いたします!!

本当に良い場所なので見に来て

くださいね。

この分譲地のタイトルは『公園に寄り添う家』

目の前は #保塚公園 、しかも2棟とも #角地 であり、#ルーフバルコニー もあるから #贅沢 ですよね!!

#二階建て #カースペース あり #4580万円 #4780万円 #ゴールデン街 #桃響 #バブル #SUUMO

-----------------------------------------

ページトップへ戻る